年収と学歴の関係とは?

薬剤師求人 > 年収に学歴は関係ある?

薬剤師求人-年収に学歴は関係ある?

薬剤師になるには、6年制の薬科大又は大学薬学部を修了し、薬剤師の国家試験に合格する必要があります。

言い換えれば一定の条件をクリアすれば誰でも薬剤師になれるわけですから、他の職業に比べると、学歴による収入の格差は起こりにくいと思われます。とはいえ、まったく学歴による格差が存在しない、ということはないようです。

例を挙げると「どこの大学の薬学部卒か」という点で格差が起こるケースもあります。 薬剤師という職業は、就職先がある程度限定されているものですが、国家公務員、特に厚生労働省等は、特に就職が難しいところです。

それだけに社会的地位も高い訳ですが、やはり「学閥」というものが存在することは否定できないようです。つまり「○○大学薬学部の卒業者が多い」ということなのですが、これは日本においては、大企業や大病院等、他の職業においても見られることです。

もしあなたが、ただ薬剤師になるという漠然とした思いではなく、収入や社会的地位が保証された省庁等で薬剤師として働きたい、という希望をお持ちであれば、まず「どの大学の薬学部に入るか」ということから慎重に考えることをお勧めします。

目標とする就職先への、各大学薬学部ごとの就職状況を十分リサーチした上で進学先を決めていくのがよいでしょう。

このように、大学の「ブランド力」といいますか、知名度や偏差値等が就職に影響を与えることは少なからずあります。薬剤師の場合、国家試験に追われるため、就職活動自体に比重を置きにくいというデメリットもあります。

現役の薬剤師の間では、「各界へのコネ」という意味においては、歴史の浅い薬学部の方が、老舗の薬学部よりも期待できる、という話が囁かれているとも言われています。

調剤薬局やドラッグストア等で薬剤師として勤務する場合は、そういった学閥の問題はありませんが、前述の省庁や、超一流の製薬会社・医療機器メーカー等に就職して、より安定した地位・収入を目指したい、という方は、大学の薬学部の就職状況をしっかり調べて、進学先を決めるべきでしょう。